上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ<よろしかったらポチっとニャ。にほんブログ村
--/--|スポンサー広告||TOP↑
再び会うまでの遠い約束だと
相方の大好きな薬師丸ひろ子さんが昔歌っていました。

まだまだ気持ちの整理はつかないのですが
いわし様との最後の時間を書き留めておきたいと思います。

だらだらと
とりとめのない文章ですが‥‥




RIMG0066.jpg

これは大晦日のいわし様。
一時は折れてしまったヒゲも
ハゲてしまった毛も復活しています。

いわしは、舌がとれてハゲてボロボロになった後
すごい勢いで食べて、毛もヒゲも元通りにし
とても綺麗な姿に戻ってから
「もういい」と判断したのか
急に食べるのをやめました。

わたしも、相方ももう無理な治療はしないと決めていたので
点滴には通いましたが
あとはゆっくりと自宅でそばにいて過ごしました。

リビングの一角の
小さな専用ホットカーペットの上で
ずっと過ごしていました。

トイレだけは自力で行こうとするので
動いたと思ったらアシスト。

呼吸が荒くなったり、鎮まったり
相方とふたりで様子をみながら
年越しの準備をしました。

年越しソバも食べたころ
呼吸が荒くなり
ゆく年くる年のころは
ふたりでつきっきりで
なでたり声をかけたり。

相方は、年越しは家にいないことが多い職種なのですが
今年は、不思議となにもなく
家にいたのです。

いわし様が家にいるように采配したのかもしれません。

除夜の鐘がテレビから聞こえて
年を越しました。

呼吸の様子が変わってきたので
相方がブランケットにくるんで
抱っこすると
グルルル‥‥と最後に武者震いをして
あとはゆっくり
しずかに

息をひきとったのも気付かない程

そっと旅立っていきました。



私と相方の泣き声にびっくりした坊が起きてきて
やっぱり涙をこぼしました。



1日は、花も買えなくて、ぼんやりとすごし。

2日は、友達たちがいわしの見送りにきてくれました。

DSC03910_2.jpg

ほんとにしあわせな猫です。

3日には、さわらが眠っている動物霊園に連れて行き
最後のお別れをしました。

IMG_1559.jpg

元旦が命日とは
なんだか、いわし様らしいです。

IMG_1562.jpg

霊園では、看板猫の白丸くん(という名前になったらしい)が
鏡餅のように出迎えてくれました。


最後に大好きだったかぎしっぽをひっぱってみました。

しっぽをひっぱると
振り向いて手を噛んだのに

もう、動いてくれません。


毛並みはすっかり落ち着いて
綺麗な綺麗な姿でした。


名残はつきないけれど

墓地に眠る、さわらにも挨拶して
家路につきました。

IMG_1566.jpg

お別れの日は抜けるような青空で。

はじめて出会ったのは
台風の前の、怪しいお天気の夜だったね。

20年と半年

相方とわたしと そして途中からはさわらと坊と

長い間 一緒にいてくれてありがとう。




さわらの分も
手をかけてやれなかったという後悔の分
十分にお世話をさせてくれました。

年を越してくれと願ったら
ほんとに30分だけ年を越してくれました。

そして、新しい年を
置いて行ってくれたのです。

すごいよ、すごいよいわしさん。

本当に、わたしらには過ぎた猫でした。


DSC04083.jpg

虹の橋で
のんびりしながら
さわらと一緒に

わたしたちがそっちにいくまで
待っていておくれよね。

毛皮を着替えて
戻ってきてくれてもいいよ。


とにかくね

またあう日まで


いわし、ありがとう。







にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ<よろしかったらポチっとニャ。にほんブログ村
01/04|生活記録コメント:(5)トラックバック:(0)TOP↑
この記事にコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2013/01/04 11:57 *  * [Edit] *  top↑
なんて書いていいかわからなくて、何度も読んで泣いてたんですけど、一緒に年を越したいと願ったら30分だけ年を越してくれました、で思い出したことがあって。うちの子のことだけど聞いてもらえますか?桃太郎が歩くこともままならなくなって夫の出張があり、4泊5日も家を空けました。私はいない間に息を引き取ったらどうしようとそればかり考え、「桃、頑張って。父さんが帰るまで待ってて」と声を掛け続けました。帰ってきたのが11月18日、もうすぐ帰る時間、という頃、痙攣を起こしほんとにもうだめかと思いました。それでも持ち直してくれてその夜は、川の字で寝ることができました。翌19日は夫の誕生日、夫が帰る前の2日間は頭を上げることさえできなくなっていたのに、誕生日は何度か頭を上げて寝床から私たちを見たりして、夫は何よりのプレゼントだと喜びました。そして翌20日、仕事にいってくるね、と頭をなでた夫をぱっちりと目を開けて見ました。もう少し大丈夫かもしれない、そう思った私は急いで家事を済ませ桃の寝箱を日当たりの良い部屋に移して、傍にいました。それから程なく最期の痙攣があって息を引き取りました。
桃のことを話すたび、父さんが帰ってくるまで頑張っただけでも偉いのに、誕生日に泣かさないようにすごくすごく頑張ったんだね、と。この子達、ほんとうによくわかっているんですよね。世話したのは私たちだけど、本当に支えてくれていたのはこの子達だと思います。遊んでやったつもりで遊んでもらってたり、振り回されてるようで癒されてたり。ほんとうに、ありがとうね、という言葉しかこの子たちにかける言葉はないような気がします。
ブログの写真でしか会ったことないけど、いわしくんありがとうね。あなたを知ってから、気になって気になって、あなたの様子に喜んだり心配したり、でもいつも癒されてました。ほんとうにありがとう。
From: 豆大福 * 2013/01/05 19:01 * URL * [Edit] *  top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2013/01/05 22:52 *  * [Edit] *  top↑
いわし様、長い間よく頑張ったね。わにこさん、相方さん、坊もよく頑張りましたね。
わにこさん達が懸命な介護をされた毎日は、いわし様にしっかり伝わっていて、最期まで頑張って生きておられたのだと思います。
私も去年、愛猫を15歳で亡くしましたけど、最期の日は私の顔をじっと見つめて何か言いたげでした。お別れの言葉でも言っていたのかな?
だから、わにこさんの哀しみは自分の事のように痛いほど伝わってきて涙がとまりません。
いわし様との20年は思い出がたくさんありますね。あなたが虹の橋に行くのはまだずっと先の事ですけど、いつか虹の橋で、さわらさんといわし様と会える日を楽しみにして、今生かされている日々を楽しく過ごしていきましょう
From: まこ * 2013/01/06 17:34 * URL * [Edit] *  top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
From:  * 2014/01/26 13:01 *  * [Edit] *  top↑
NAME
コメント題名
MAIL
URL:
コメント:

PW
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック:
プロフィール
20歳の猫「いわし」の日常。寄る年波と闘ってます。
食欲はある!

Author:ほしわにこ



いわし いわし。茶トラ白雑種。20歳オス。1992年8月に拾われる。



飼い主の家族構成

相方 父(相方)

わにこ 母(わにこ)=ブログ主。

坊 子(坊)


さわら さわら。14年間一緒だった茶トラオス猫(享年14歳)。2011年4月永眠。




ほしわにこ on Facebook


ほかに和金の「マコト、ヒビキ、リョウガ、リョウタ」の4匹がいます。最近坊と相方が釣ってきたザリガニ「ザリーとガニー」が増えました(´Д`)
ペット人間化メーカー
最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。